発酵乳

乳酸菌と水分補給でウイルス対策ができる

私たちの体内に生息する乳酸菌が果たす役割には、お腹の調子を整える以上のことが関係しています。
どういうことでしょうか。

それが「ウイルス対策」です。
近年、世界中で各種ウイルスの蔓延が話題になっています。
ウイルスはその形をいつも変えるので、私たちもどう対処すればよいのか、悩んでしまうことでしょう。
特に風邪やインフルエンザウイルスは、もっとも私たちに身近な問題と言えるでしょう。

その中で、私たち個人ができるウイルス対策があります。
その一つが、「乳酸菌」を摂取することです。
なぜ乳酸菌、と思われるかもしれません。

そもそも乳酸菌は腸内環境を整えるための善玉菌であり、この菌自体には体の抵抗力を高める効果があります。
新たな研究の進歩により、乳酸菌の摂取には、細胞を活性化し、ウイルスへの防御機能を向上させる働きもあることが分かりました。
それには「ナチュラルキラー細胞」が関係しており、それが活性化することによりウイルスへの抵抗力が大幅に向上します。

乳酸菌を摂取する方法としては、ヨーグルトが効果的です。
特に、腸に直接作用するような種類の乳酸菌を含んだものが良いでしょう。
定期的に乳酸菌を摂取することによって、ウイルスにも負けない健康的な体作りをしていきたいですね。
みなさんも乳酸菌で健康生活始めてみませんか。

このページの先頭へ