発酵乳

乳酸菌と発酵乳の関連性

「乳酸菌」とは、基本的には私たちの体の中の各所で生成される、菌の種類の一つで、いわば「善玉菌」に含まれる微生物です。
乳酸を生み出し、腸内の環境を整えて、私たちの体を外敵から守ります。

乳酸菌が含まれる商品の代表的なものに、ヨーグルトがありますが、いわばこれが「発酵乳」に当たります。
牛乳を「発酵させて」作っているので、正式には発酵乳と呼ばれるのです。

発酵乳に含まれる乳酸菌、それが及ぼす力は強大なもので、腸内の細菌バランスを整えて、悪玉菌から腸を守るだけでなく、体の抵抗力を上げる効果もあります。
また、美肌などにも効果があることが分かっています。

これら乳酸菌は普段の食事からも摂取できるのですが、やはりそれでは不足しがちです。
ですから、食前・食後のヨーグルトは効果的なのです。
また、食前のヨーグルトには食べ過ぎにも効果があります。

このように、乳酸菌と発酵乳の関係は切っても切り離せないもので、逆にこの乳酸菌が足りないと、腸の働きが弱くなり、悪玉菌が増えてしまいます。
そうならないために、発酵乳を定期的に摂りいれることが大切なのです。
発酵乳と呼ばれるヨーグルトなどには、腸に直接届くような、特殊な乳酸菌を含んでいるものもあります。
乳酸菌の動物性と植物性の違いについても参考にご覧ください。


このページの先頭へ