発酵乳

乳酸菌とビフィズス菌の相違点

言葉は似ていなくても、その二つはどう違うの?と思うことはたくさんありますね。
私たちの体を助ける「乳酸菌」と「ビフィズス菌」の違いについても、その違いについて「?」と思っている人は多いはず。
では、その二つの違いとは何でしょうか?
簡単に行ってしまえば、「違わない」ということです。

どういうことかというと、乳酸菌という一括りの中に、「ビフィズス菌」という仲間がいるのです。
そうです、ビフィズス菌も乳酸菌の仲間なのです。

そもそも乳酸菌は善玉菌の一つであり、腸内の環境改善などに貢献します。
乳酸菌といっても一つだけではありません。
カゼリ菌、ガセリ菌などの種類があります。
その仲間であるビフィズス菌も、さらに細かくロングム菌やブレーベ菌など、数種類に分けることができます。

それらの菌は、それぞれ生息場所や働きが異なります。
小腸で生息するものや、大腸まで届くものもあります。
それぞれ異なった働きで、腸を助けるのです。

それら乳酸菌は、なかなか治らない便秘や、原因の分からない腹痛、下痢などを改善するのに役立ちます。
ですから、乳酸菌を多く含んだ食品乳酸菌飲料などを定期的に飲むことでビフィズス菌の効果をより実感できるでしょう。


このページの先頭へ